婦人

雑草の悩みはこれで解決|草取りの負担を軽減する方法

良い業者とは

草刈

悪徳な草刈業者に依頼しないためには、会計がはっきりしているのか調べる必要があります。追加費用を払わされないためにもネットで業者を利用したことがある人の書き込み見たり、質問をしたりして良い業者を選ぶよう心がけましょう。

土を作り肥料を与える

花を植える人

大阪でガーデンングを行なう時は、水はけのよい土壌で苗うえなどをするようにしましょう。土壌の質が悪いと、せっかくの植えた植物が成長具合が悪くなります。また、害虫対策も考えて液肥を与えるようにすることです。

雑草の悩みを軽減

女の人

負担を軽減するための植物

庭がある家はあこがれの対象にもなりますが、実際に住んでみると雑草対策に頭を悩まされることも少なくありません。ガーデニングを楽しみたいのに、草取りに時間を取られ、十分な時間を確保することが困難になることもあります。そこで草取りの時間と労力を軽減するために、グランドカバーを植える人が多くなっています。一言で庭と言っても、日当たりや水はけの条件などは個々の家で異なります。またグランドカバーになる植物にも、手入れが必要なものや一年中緑のもの、背丈があるものやほふく性のものなど様々な種類があります。草取りの手間を軽減するためのグランドカバーなら、なるべく手間のかからない植物を選ぶといいでしょう。また、洋風庭か和風庭かによっても似合うグランドカバーは異なるので、よく考えて植えることが必要です。

目的別グランドカバー

草取りの軽減を目的としたグランドカバーでも、庭全体の広い面積を覆いたいのか、樹木の下草としての役割を持たせたいかによっても変わります。樹木の下草に選ぶグランドカバーは、葉の大きなものを選ぶと地面に当たる太陽の光を遮ることが出来るので、雑草が生えにくくなります。また広い面積をカバーするグランドカバーには芝生がありますが、芝生は手入れが大変です。ほふく性がある繁殖力の旺盛な植物を植えると、庭全面に植えなくても自然に広がって地面を覆ってくれます。一年中緑が欲しければ常緑のものを、草取りの必要がない冬場は地表が枯れてもいいものを選ぶと、毎年春になると新芽が出て花が咲くこともあります。背丈の低く、やわらかい葉のものを選べば、芝生と同様、こどもが裸足で走り回ることもできます。

少しでも簡単に

園芸道具

草むしりは非常に手間のかかるものですが、熱湯や塩を活用することで大幅に手間を減らすことができます。熱湯はその場限りの効果ですが、塩は根から枯らすことができます。周囲の草花への影響を見ながら、効果的な撒き方を工夫していきましょう。